美白効果

プラセンタの効果的な摂取量

人によってプラセンタの成分の効果のあらわれ方が違うので、一概に一定の量を示すことが出来ませんが、ドリンクタイプだと通常300mg~500mgが平均です。
倍の1,000mgとると効果が大きいという場合もありますが、取る量が多ければ効果が高いということではなく余分に取ったプラセンタは体外に排出されてしまいます。
基本的にはプラセンタは薬でないので、どのくらいの分量という決まった量はありませんが、実際その人の年齢や肌の状態などでも摂取量が変わってきます。

初めは少量から始めるのがいいです。
そしてプラセンタの量よりも少量づつでも続けて飲むほうが効果があります。
注射のように即効性はないにしても3ヶ月、6ヶ月と飲むうちに肌の状態が良くなり、体も健康的になっていることに気づくでしょう。

サプリは粒の大きさによって有効成分の含有量が違ってきますが、有効成分が粉末圧縮されているので体への吸収率が高く、血行促進や更年期障害改善に効果があります。
人気のあるプラセンタサプリメントはこちらのサイトでいくつか初回されていますのでご覧ください。

またプラセンタの持続性については長くないので、注射でもドリンク、サプリなど継続して取る必要があります。
プラセンタ注射でも2・3日しか持続性がありません。
プラセンタ入りのスキンケアは体のうちから機能回復できるわけではありませんが、体の外から皮膚の機能を上げるのには効果があります。

このページの先頭へ