美白効果

プラセンタの有効成分は?

プラセンタには5大栄養素、酵素、核酸、ムコ多糖体、アミノ酸、成長因子が含まれています。
5大栄養素とは、たんぱく質、糖質、脂質の3大栄養素にビタミン、ミネラルが加わり5大栄養素となります。
たんぱく質は、臓器や筋肉など体の主要となる部分を構成している成分です。

糖質は、脳や神経系統のエネルギーとなる大切な成分です。
脂質は、血液、ホルモン、細胞膜を構成している成分です。
ビタミンは体の調子を整える成分です。

ミネラルは筋肉、神経機能維持に役立つ成分です。
プラセンタには、人を作るこれらの大切な栄養成分がバランスよく含まれています。
体の中の酵素が不足すると代謝がスムーズに行れなくなります。
よって体の中の酵素の働きは大変重要で、食べ物の消化、化学反応を起こし違う物質に作り変えます。

また核酸は、遺伝子を正常に保つ働きがあり、ムコ多糖体は細胞と細胞の間に存在し、関節の動きをスムーズにするという役割があります。
プラセンタに含まれる成長因子は、細胞分裂や増殖に極めて重要な働きをしています。
プラセンタドリンクやサプリにも成長因子が含まれていますが、あまり品質が良くないプラセンタには、含まれていないことが多いので製品を購入する場合は注意することが必要です。

このページの先頭へ